クラウドにファイルをアップして安全にガードする方法【セキュリティー】

ここ数年ハードディスクを買わなくなりましたね。

ちょいと前までは100GBがでたぞ!!!

うぉおおおおお1Tのハードディスクがでたぞ!!

と容量がドンドン増えていき今では3Tぐらいまであるんですかね?

当時は大事なファイルをハードディスクにバックアップしてヨシヨシしてたのですが

そういえばまったくハードディスク挿してないぞ!

僕の中では無料でクラウドにアップできるようになり、ハードディスク容量よりもいつでも取り出せる利便性を好むようになりました。

天使「もう全部クラウドでいいんじゃない?」

と思っちゃいますよね。

悪魔「いやいや、クラウドを信用し過ぎたらだめだよ!」

悪魔「クラウドにアップするということはすべての情報を見られてしまうかもしれないんだぜ!」

天使「たしかにプライベート写真とか漏洩したくないファイルは危険だね」

僕「ガッチガチにセキュリティー固くして同期したらいいんじゃね??」

ってことで調べてこちらの答えにたどり着きました。

スパースバンドル

スパースバンドルとはマックの可変イメージファイルです。

dmg形式はソフトをインストールする場合のファイルなどを「スパース形式」

タイムマシンにも使用されている「スパースバンドル形式」というものがあります。

ソフトをインストールするdmgファイルではイメージファイル自体がひとつのファイルですので変更を加えた際に全体が変更され8GBのファイルであれば毎回8GBが同期されてしまいます。

ですがスパースバンドルでは8MBごとに分割されて保存される為、一部のファイル追加や改変をした場合でも少ない容量変化だけをバックアップすることができます。

↓dmgファイルの中身分割されたファイル

↓さらにファイルの内容

写真データもこれだけ暗号化されているのだから安心!!
(絶対安心はないので本当に心配なファイルはアップしないほうが・・・いいと思います。)

スパースバンドル作成方法

まずディスクユーティリティーを起動します。

・「ファイル」→「新規イメージ」→「空のディスクを作成」

サイズ:
サイズはお好きな容量を設定してください。
1Tと設定しても1Tのファイルができるわけではありません。

暗号化:
今回はクラウドと同期したいので256AEPにしました。
ここでファイルにアクセスするパスワードを決めます。

パーティション:
単一パーティション

イメージフォーマット:
スパースバンドル・ディスクイメージ

これだけで完成です。簡単でしょ?

スパースバンドルをダブルクリックするとパスワードを聞かれるのでパスワードを入力しない限りだれもこのファイルの中身を見れないということです。

接続が完了すれば外付けハードディスクのようにファイルを扱うことができます。
ファイルは内蔵ハードディスク内にあるので容量は消費します。

デメリット

Macのみでしか使用できない。
Windowsではスパースバンドルを使用することはできません。

クラウドソフトの利点共有が使用できなくなる。
1ファイル毎の共有ができなくなります。

もちろんファイルは暗号化されているので、スマートフォンでは使用できない。

スーパーハッカーならアクセルできるかもしれない!
クラウドを100%信じてはいけません。かならず大事なファイルは手元に保管かパソコン内に置かないようにして下さい。

まとめ

今までプライベート写真は外付けハードディスクとかに入れて保管していたのですが、ハードディスクに繋いでまで見る機会がなくなりクラウドにアップするには抵抗があったのですがこれなら自分のパソコンでいつでも見れるので採用しました。

他便利ソフト

CloudMounter

CloudMounter

複数のアカウントを同時に接続することができます。

同期ソフトではないのでパソコン本体の容量が使用されることはないです。

insync

複数のGoogleアカウントを同時同期することができるソフトです。

初期のGoogleドライブでは1PCに1アカウントで切り替えには手間と時間がかかります。
2つのアカウントを同時に同期できればと探していた時に見つけました。

15日トライアルバージョンがあるので気に入れば購入でいいと思います。

Google Drive Sync & Backup With Multiple Account Support – Insync
Insync is the most powerful Google drive client ever built. Windows, Mac, Linux, multiple account and external drive support, document conversion and more!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です