Adobe CC 2017になって便利になったところ

Adobe2017 CCがリリースされましたので、得意の人柱になります。

今回アップデートしたのは下記のツール達

  • Photoshop CC(2017)
  • Illustrator CC(2017)
  • Dreamweaver CC(2017)
  • Premire Pro CC(2017)
  • After Effects CC(2017)

使っていないけど一応アップデートしたのはこれ。
使っていないツールは積極的にアップデートしていきます。

  • Audition CC(2017)
  • Animate CC(2017)

Dreamweaver CC(2017)

img_dw2017_06

sublime textやcoda2も使用しているので2017になって問題が起きても
大丈夫であろうということでアップデートしました。

Dreamweaverは大きな変更は今までなかったのですが、今回はうれしいアップデートがありました。

Sassに対応

Dreamweaverでは今までSass表示が対応していなかったのですがCC 2017で標準で対応されました。
コードが見やすい見やすい〜

@mixinや@includeも使用できます。

img_dw2017_03

サイト定義からScssの出力設定などができます。

img_dw2017_05

リアルタイムプレビュー

htmlやcssを編集して保存するとブラウザーも更新されるようになりました。

デバイスでのプレビュー

QRはなぜかうまく動作しませんでした。

img_dw2017_01

HTML ファイルでのクイック編集モードの使用

idや、classにカーソルを合わせてcommand + E を押すと対応したcssをクイックに編集することができます。

img_dw2017_07

コメントアウトの追加と削除

CC 2015のEmmetの機能でcommand + / を使用してコメントアウトを追加することはできたのですが、削除がうまくできませんでした。

CC 2017から標準で追加されたみたいなので追加と削除が無事動作していました。

地味にうれしいです。

複数の場所でのテキストの追加または変更

sublimeにも同じような機能があります。

commandを押しながら修正したい場所を選択します。

同時日本語入力はできないみたいですね。。

dw_img

各行の先頭または末尾にカーソルを追加するには:

複数のテキスト行を選択し、左向き矢印キーまたは右向き矢印キーを押します。

前の行または後の行にカーソルを追加して、それらの行を一度に選択するには

Shift+Alt+Up キーまたは Shift+Alt+Down キーを押してから、右向き矢印キーを押します。

検索、置換の位置の変更

以前までは下に表示されていましたが上に表示されるようになっていました。

img_dw2017_04

ファイルからのドロップ&ドラックができなくなった

サイト定義をしてからイメージファイルを引っ張ってきてHTMLに貼り付ければそのままタグを作ってくれていたのですが、
今回のバージョンからできなくなっていました。バグなのか仕様なのか。。

dw_img02

Dreamweaver CC 2017 感想

2017でDwは良いアップデートになったと思います。
これからのアップデートも楽しみです。
たまーに落ちるのは変わっていないですね笑

Photoshop CC(2017)

img_ps2017_04

photoshopは基本アップデートします。
毎度何が変わったか気づいておりません。。

CC2014では線がうまく描けないバグがありましたが、2015ではなおっておりました。

新規からのプリセットが追加

img_ps2017_01

Adobe Stockテンプレートからダウンロードして始めることもできます。

img_ps2017_02

マッチフォント

描かれている文字と同じようなフォントを探してくれる機能です。

img_ps2017_03

日本語には弱い様子・・・

Photoshop CC(2017)感想

基本的は機能は変わりがなかったので2016のままでいいかも。

「パフォーマンスが強化され、ゆがみツールなどの反応が高速になり、効率的に作業できます。」と書かれているのでしばらく2017で作業してみます。

Illustrator CC(2017)

img_ai2017_01

SVGを使用してのWEB制作が多くなってきましたので
Illustratorのアップデートは毎回楽しみにしています。

印刷系のデザインはCS6、WEB系のデザインはCCと切り替えております。

ピクセル単位が保持されるようになった!

img_ai2017_02

CC 2015までは一度終了してしますと一般の単位がミリに戻ってしまっていたのですが、
CC 2017ではピクセルのまま残っていました。

これが一番うれしいかも!

ピクセルグリッドに自動的に整合するのでボヤけた線などがシャープに表示されるようになりました。

特殊文字、サンプルテキストの割り付け

ai_img

なんかテキストが入るようになりました。

設定の新規テキストオブジェクトにサンプルテキストを割り付けのチェックで解除できます。

Illustrator CC(2017)感想

photoshopと同様でインターフェイスは少し変わりましたが、そこまで大きな変化はないかなー?という印象。
もうすこし仕事で使用すれば気づくかもしれません。

WEBデザインができるように強化されているのがいいですねー。
スライスももっと便利になれば、、

今回はAdobe Stockとの連携が中心だと思います。

Premire Pro CC(2017)

img_pr2017_01

普段はEDIUSを使っているのですが、
Windowsに切り替えるのがめんどくさくて、ここ一年Premiereでがんばってます。

After Efftctsとの連携がバッチリな点と今回はチームプロジェクトに興味がありアップデート!

もう一人じゃない!!

チームプロジェクト

img_pr2017_02

えっ、できないの??

(チームプロジェクトはCreative Cloudエンタープライズ版およびCreative Cloudグループ版でのみ利用できます)

https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/how-to/team-project.html

まさか対応していないのか!?Adobe エンタープライズアカウントのはずなのに・・・

これが一番したかったのに・・・

対応したら試します。

VR映像出力可能に!

VR映像が出力可能に!!・・・VRもってない。

4Kすら編集したことない。

Lumetriカラーツールの強化

直感的な選択できホワイトバランスを即時に適応することができました。

magic bullet looksを使用していますが重たいので簡単編集の場合はこっちも使ってみようかな。

ビジュアルキーボードショートカットマッピング

img_pr2017_03

キーボードショートカットをキーボードレイアウトのグラフィックで確認することができます。

機能ごとに細かくカスタマイズすることができます。

細かいけどうれしい改善点

  • 新しいGPUアクセラレーション効果とApple金属のための改良されたサポートでより高速なシーケンスをレンダリングする機能
  • Premiere Pro と After Effects との間の Dynamic Link が機能強化
  • インジェスト時にカメラメディアの複数のクリップを単一ファイルにつなぎ合わせることが可能になりなったので
    ファイルの管理が容易になりました。
  • FX のミュートボタンを使用して、シーケンスのすべてのビデオエフェクトのオンとオフを切り替えられるようになりました。
img_pr2017_04

重たいエフェクト LOOKS 2を使用している時に適用すると便利かも。

Premire Pro CC(2017)感想

Premireの進化よりもAfter Efftcts次第でバージョンをあげているので、チームプロジェクトがどこまで使えるかによって使用頻度が変わってきます。

After Effects CC(2017)

img_ae2017_01

なんかエグゾディアみたいじゃね?トップを狙えの黒いやつみたいじゃね??

2017ファイルはCC 2015以前のバージョンでは開けません。

チームプロジェクトはPremiere同様使用できませんでした。

After Effectsはバージョンの行き来ができない事とプラグインが動かなくなる場合があるので
前のバージョンを残しておくことをお勧めします。

img_ae2017_02

mp4ファイルの出力はできません。

2015からですがh.264(mp4)の出力がAEからできなくなりました。

一度Media Encoderにもっていくのが面倒なので、もしかしたら戻ってるかも!と思ったけどやっぱりなかった。

リアルタイムの再生

RAW素材をリアルタイムに再生できるようです、2014くらいの再生の方がよかったんですけどね、、

3Dレンダリングエンジン

After Effects内でCinema4Dのテキストの押し出しやシェイプレイヤーを作成できるようになりました。

img_ae2017_03

cc 2017で動いたプラグイン

  • magic bullet looks2
  • Trapcode particular

After Effects CC(2017)感想

特に変わったところはないですがエクスプレッションなどを使うと不具合がでるかもしれません。

CHARACTER ANIMATORを使わない人は今のバージョンでいいと思います。

全体まとめ

少ししか触っていないので浅い知識になります。

アップデートに迷っている方の参考になれば幸いです。

またPROJECT FELIXのリリースも楽しみです。
初心者でモデリング知識がなくても3Dオブジェクトが簡単に作れるソフトのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です