ワードプレスパーマリンク設定 メリットとデメリットについて

WordPressのパーマリンクについて考えたことはありますか? 私も今までパーマリンクという設定を分かっていたつもりでしたが自分がブログを書き出してから不便な点がでてきました。 パーマリンクはSEOにも少し影響がでてくる場合はあるので、途中で変更する前にしっかりメリットとデメリットを考えて設定しましょう! パーマリンクについて wordpressのパーマリンクについてはこちらを見てください。 パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URL です。パーマリンクは、他のブロガーがあなたの投稿やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。個別の投稿への URL は常に存在して決して変らないようにすべきです。そういう訳で、「perma」リンクといいます。 https://wpdocs.osdn.jp   私がよく設定しているパーマリンク Example Domain 今回の記事の場合はこうなります。1133が今回の記事番号です。 このパーマリンクのメリットは記事毎にアドレスの名前を考えなくて良いのです。 Wordpreeサイトを構築していて使用者の多くの方は 日本後のパーマリンクを設定する方がほとんどでした。 「日本語のタイトルは使用せず毎回アドレスを考えて設定してくださいねー」 と説明してもうっかり日本語のパーマリンクになっており文字化けしている事が多々おきました。 日本語のアドレスだと404エラーになる場合があるため。 お客さんに納品する前に構築側でなんとかできないかー。と考え自動的にパーマリンクが設定されるようにしております。 がしかしブログをやっていて気づいてしまいました! googleアナリティクスで解析データを見ると、、 どの記事のデータか分からない!! 自動で設定される事が正しいと思っていましたが、解析する場合に記事内容をいちいち確認しなければいけません。 困った。 WordPress初期のパーマリンク 初期のパーマリンク設定でも記事番号でアドレスが自動的に設定されますがカテゴリーがない為、アドレスからどの記事か判断できないです。 SEOとパーマリンクについて パーマリンク設定を正しくすればSEO対策になりランキングが上がるということはありません。 上記にも書きました、日本語アドレスの場合は減点になる可能性があるので控えましょう。 分かりやすい記事名を毎記事考えなければいけませんが、解析時にアドレスを見るだけでどの記事か判断できるので便利です。 パーマリンクを途中で変更するデメリット パーマリンク設定はいつでも変更することができますが、変更すると今までSNSでシェアされた数がすべてリセットされてしまいます。 さらにGoogleの検索エンジンからの評価もリセットされます。 どうしてもパーマリンク設定を変更したい場合は301リダイレクトを設定するようにしましょう。 まとめ ブログを書いてアフィリエイト収入を狙っている方は カテゴリ名 + ポストネームがオススメです。 本サイトとは別に新着記事をちょっと更新したい、パソコン操作が苦手な方は カテゴリ名 + ポストIDがオススメです。 私はポストネームにしておけばよかった。。と後悔しています。 パーマリンクは適当に決めずしっかり先の事を考えて設定しましょう。