【人柱】MacBook Pro (13-inch)mid2009に「yosemite」を入れてみました!

新imacとminiが発表されましたが、お目当のmacbook pro 12 inch Retinaは残念ながら今回は発売ではなかったようです。

引っ越し用にモクモクと準備を進めてきたので残念です。。

落ち込んでいたところに新OS「yosemite」登場!!
mavericks10.9のさらに上のOSです。

前回のブログでメモリも8Gに増設したので耐えれるのではないか!?

もうここまできたら、もういいよね!?ってことでやけになってバージョンアップに挑戦しました!

新OSを入れる前の準備

私のOSは10.6.8 snow leopardですので今回はクリーンインストールでyosemiteをインストールしたいと思います。
(app storeからのバージョンアップですと色々不要なファイルが混ざってしまうため)

time machineでバックアップを取る

やっぱり新しいOSを入れるのは怖いですよね。。
いざという時に元に戻せるようにバックアップを取っておきましょう!

パーティションの分割

現在のパーティションには10.6.8 snow leopardとBootcampのwindowsでパーティションの分割を行っておりました。

今回、2つのパーティションを残し3つのパーティションに分けることにしました。

ユーティリティー
  • 10.6.8 snow leopard
  • Bootcamp(windows)
  • yosemite

パーティションの切り分けで3つに分けることでBootcampが動かない。
という噂を聞いていたのですが、もう動かなくてもいい覚悟で実行しました。

bootcampエラー

エラーメッセージが表示されましたが強引にいきました!

インストールUSBの作成

本来はmavericksを入れようと思っていたのですが、yosemite用に急遽つくりました。

8G以上のUSBまたはSDカードを用意してブートディスクを作成します。

yosemiteインストール

準備ができましので、インストールを進めます。

Commandを押しながらパソコンの電源を入れて、作成したブートUSBを選択します。

あとはYESマンになって進めていくだけです。ワクワクドキドキしながら待ちましょう。

朝、起きた時には完了していました。

AppStoreの設定やら、キーボードの設定が完了したら終了です。

yosemiteを入れてみた感想

mavericksを入れた時にはメモリが4Gだったので重かったのですが8Gですと重さを感じませんでした。
snow leopardの時より標準でメモリを使用していますが8Gなら耐えられます。

なぜかMidが2010になってる!?

2層DVDを入れると読み込まずにそのままDVDが取り出されます。。
(標準DVDにyosemiteが対応していないのか…?)

まだ使い始めたばかりなので詳しいことなどは分かりませんが、yosemiteにバージョンアップして満足しています!

さよならsnow leopard

yosemite mac2009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です