DJI OSMOがコスパがよく、簡単にヌルヌルした映像が撮れる

OSMOカメラ

仕事で使う機会があればヨドバシカメラで購入しようと思っていたのですがー

GW キャンペーンで85,000→75,000+バッテリー付きだった為、我慢できず購入いたしました。

届いて2週間ほどですがよかった点とよくなかった点を紹介したいと思います。

OSMO オスモってなに??

そもそもDJIってなんだ?

DJIは知らないがドローンが有名です。

OSMOはドローンのカメラ部分のジンバルというブレ補正機能が搭載されているカメラです。

OSMOが出る前まではステディーカムを言う大きな機材が必要でした。

OSMOにできる撮影

  • 高画質撮影(4k)や60pの撮影
  • 自撮りモードと外カメラモードが簡単にできる
  • ブレがない滑らかなフライング撮影

よかった点

ステディーカムの購入も考えていたのですがOSMOは軽いく持ち運びに便利です。

ステディーカムのようにバランス調整をしなくてもいい。

ドローンでも使われているスタビライザーはさすが!
動画がまったくブレません。

よくなかった点

iphoneにバンカーリングを付けていると設置できない。
私はバンカーリンクを位置を下にずらして無理やりつけています。
1台OSMO用のスマートフォンを使用することをおすすめします。

iphoneへの転送が遅い。iphoneへの転送中もロックを解除しないと警告音がうるさい。
microSDから直接取り込む方がいいです。

ちょっと置いとこ。ができない。。
最近ちょこっと置きスタンドが販売されました。

Osmo – ベース

http://store.dji.com/jp/product/osmo-base

夜の撮影にはすこし厳しい。
カメラセンサーが小さいので暗闇撮影には不向きです。ライティングの工夫やOSMO上位のモデルを購入しましょう。

wi-fiでの接続の為、休止からの立ち上がりにラグがある。

カメラが擦れ本体に擦れ傷すごく傷がつきます。

モーター音も入ってしまい、音声はほとんど使えないので
音声を使われる方は下記のような外部マイクを着けたほうがいいです。

RODE VideoMicro & Osmo – クイックリリース 360° マイクマウント

http://store.dji.com/jp/product/osmo-rode-videomicro-360-quick-release-mic-mount?site=brandsite

本体が熱くなりやすく、連続撮影だと心配になります。。

OSMO MOBILE

http://www.dji.com/jp/osmo-mobile

最近ではiphoneのカメラで撮影が可能なOSMOが販売されています。

値段もかなり安いのでプライベート用で遊んでみたい!という方にはオススメです。

まとめ

よくなかった点に色々書いていますが、撮影した映像には満足しています。

OSMOを使うと今までとは違う迫力のある撮影ができます、10万円以下でこのカメラが購入できるのはありだと思います。

バッテリー1個で1時間ぐらい撮影できますが、旅行などプライベートで使用したい方には向いていないと思います。

OSMOをレンタルしている会社もあるので一度試してからの購入をオススメします。

OSMOカメラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です